2019年10月 のアーカイブ

全日電工連創立60周年記念 第33回電気工事業全国の参加報告

2019年10月23日 水曜日


平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
去った10/17(水)に上部団体である全日電工連主催による【全日電工連創立60周年記念 第33回電気工事業全国大会】に参加致しました。
沖電工組各支部から今回の開催地である石川県金沢市へ総勢30名近くが参加し、電気工事業界の抱える課題やありたい姿をテーマとし、“組合員の資質向上や知見拡充、業界存在意義の高揚”などについて話し合われました。
今回の大会をとおして、組合の設立経緯を学び、今後の組合・業界の方向性、そして、技術革新とともに生まれる新たな可能性について考えるきっかけとなりました。
大会で得た“気づき”は各県(沖縄)へ持ち帰られ、今後の発展に役立てられると考えます。

沖縄県電気工事業工業組合主催・第10回安全衛生大会開催報告

2019年10月3日 木曜日

平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申しあげます。
去った10月10日に当組合主催『第10回安全衛生大会』を開催致しました。
県内各支部から約100名近くが集結し、日常業務の安全・衛生面について再確認を行う機会となりました。
特別講演として、医療法人沖縄徳洲会南部徳洲会病院 放射線治療科医師 橋本成司さまによる「よくわかる!最新のがん治療・トモセラピー放射線治療について」をご講演頂きました。
ご参加頂いた各団体さま、会員さまへも改めて感謝申し上げます。
今後も事故無く、安全作業に努めて頂けますよう祈念致します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
沖縄県電気工事業工業組合では、これまで電気工作物の保安確保と品質向上の推進に力を注いでおり、近年建設業の工事受注の競争激化に伴い、電気工事関連事故も多発傾向にあり、併せて職場における強い不安、ストレス等による健康被害が懸念されるところです。

当組合電気工事業者の従業員規模は、10人以下の小規模な組合員が多く、安全衛生教育に恵まれない状況にあります。このような状況を踏まえ沖縄県電気工事業工業組合では「電気保安の確保と安全管理の強化」を引き続き組合事業の重要テーマとして取り組む所存であります。「安全と健康は全てに優先する。」このことをモットーに、全国労働衛生週間にあたり電気工事業の事業主をはじめ従業員の安全衛生教育を兼ねて下記のとおり「安全衛生大会」を開催致します。

1.開催日時:令和1年10月10日(木)14時~16時予定

2.開催場所:沖縄産業支援センター1階大ホール

なお、本大会に合わせて組合員公募によって決定した大会スローガンは下記のとおりです。

安全の部

一、慣れた作業に危険が潜む 見つけて改善 0災害

株式会社サン電設 吉原 松一  作

衛生の部

一、健康が心にゆとりを みんなで作ろう快適職場

有限会社イラミナ電設 具志 幸拓  作

第51回全九州技能競技大会沖縄大会の結果

2019年10月3日 木曜日

平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申しげます。

先日9月28日(土)に開催された第51回全九州技能競技沖縄大会についてご報告致します。

はじめに、この技能大会は、電気工事技術者の技能習得意欲を増進させ、技術水準の向上を図るとともに、電気工事技術者としての社会的地位の向上並びに電気工事業の進歩発展に貢献しようという趣旨のもと開催さて、第51回大会の優勝者は、

浦添宜野湾電協所属 株式会社宜野湾電設 又吉宏紀選手が優勝となりました。

第2位に北部電協所属 株式会社松電 岸本陽太選手・3位も同じく同社 松田貴啓選手が入賞となりました。

優勝の又吉選手と第2位の岸本選手は11月30日に宮崎県で開催される全九州大会への派遣となります。

大会開催にご協力頂きました関係団体さま・関係企業さま、今回も開催にご協力頂きまして誠に感謝申し上げます。