‘news’ カテゴリーのアーカイブ

新型コロナウイルス感染の防止対策へのご協力のお願い

2020年8月5日 水曜日

《新型コロナウイルス感染の防止対策へのご協力のお願い》

平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
コロナウィルス感染の防止対策に伴う緊急事態宣言により、当面の間、事務職員の交代制出勤(時差出勤等)を行う予定です。

つきましては、組合業務を維持してゆくために以下の各種受付について皆様へご協力とご理解を宜しくお願い致します。

●電気工事士免状申請(第一種・第二種)

・・・なるべく郵送にて受付(免状交付までに1ヶ月以上かかります)
●備付器具測定器検査

・・・なるべく郵送にて受付(検査終了までに2週間以上かかります)

●第一種電気工事士定期講習申込

・・・インターネットまたは郵送にて受付(講習日が開催出来ない場合や延期の可能性があります)

※ご要望にお応え出来ない場合が発生するかと思われます。大変ご迷惑をお掛けします。

※ウイルスの終息状況をみながら、各種受付業務に変更がありましたら随時お知らせいたします。

令和2年度第一種電気工事士定期講習会の開催について

2020年7月31日 金曜日

平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
新型コロナウイルスの情勢が悪化し、延期・代替会場であった8月4日(火)の開催が困難となりました。

大変恐縮ですが、情勢が落ち着くまで再度延期対応をさせて頂きたいと思います。

開催スケジュールは下記の予定になります。

●4月会場の代替日程 8月4日(火)の開催は延期となります。日程は情勢をみながら決定次第改めて通知致します。

開催にあたり3密を避ける対策を講じ、受講者の安全を第一に開催を行う予定です。ご理解頂けますようお願い申し上げます。

皆様には、大変御迷惑をお掛けいたしますが、事情を御賢察賜り、御理解の程よろしくお願い申し上げます。現在受付中の方は代替会場を準備しております。
以後の開催日程については状況をみながらとなりますので、電気工事技術講習センターホームページにて最新情報をご確認頂くか、工業組合までお問い合わせ下さいませ。

<延期により期限内に受講できない場合について>
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐ目的で講習が延期されたことにより、電気工事士の方が免状の交付を受けた日又は前回の講習から5年以内に講習を受講できない場合、都道府県が直ちに免状の返納を求めることはありません。
<受講料について>
今回お支払いいただきました受講料は、代替日程決定後も有効です。
再度、受講料をお支払いいただくことはございません。

<経済産業大臣指定講習機関>
一般財団法人 電気工事技術講習センター
https://www.eei.or.jp/

<実施協力団体(お問合せ先)>
沖縄県電気工事業工業組合
〒900-0024 那覇市古波蔵4-12-7
TEL:098-855-5230

沖電工組 女性部会会員募集について

2020年7月17日 金曜日
拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、女性活躍推進事業として沖縄県電気工事業工業組合女性部会を令和2年9月18日に創立致しますので、経営・管理・現場・積算・事務等、職種は問わず女性会員を募集致します。
男性社会と言われている電気工事業界で、3K(きつい・きたない・きけん)のイメージを払拭し女性が働きやすい環境作りや、女性独自の視点からの細かな気遣いを活かすことにより『キレイ・キラキラ・カッコイイ』への新たなイメージ定着活動をしていく為にも多くの方の参加をお待ちしております。
沖電工組女性部会設立について
入会申込書(word)

沖電工組青年部と女性部発足推進について意見交換会

2020年2月19日 水曜日


平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
昨今の業界の取り組みにおいて重要事項である『女性活躍推進事業』についてご紹介いたします。

我々の上部団体である全日電工連では、女性が活躍出来る業界を目指して様々なグループや地区(各県)において話し合いや職場環境の改善協力を行っています。
趣旨として『男女の分け隔てなく、意欲ある人材の活躍を支援するとともに、女性が働きやすい現場や業界にしていくことは、現場の環境や仕事の進め方に変化をもたらし、男女問わず誰もが働きやすい現場や業界に繋がります。また男女がともに支え合い、やりがいのある仕事やキャリアアップと個々の生活を両立できる業界づくりを進めていゆく』を目指しています。

それを実現してゆくには会員個々の社内システムの変更をお願いしなくてはならない場合もあり、職人・人材不足である建築業全体の喫緊の課題と捉えて頂き、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

当組合では、令和2年2月14日に組合青年部と女性部発足推進について議論を交わし、課題面や今後の展開について確認する事が出来ました。

第51回全九州技能競技大会宮崎大会

2019年12月2日 月曜日

平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
2019年11月30日(土)に宮崎県産業技術専門学校にて【第51回全九州技能競技大会】が開催されました。
大会趣旨は
電気工事技術者の技能取得意欲を増進し、技術水準の向上を図るとともに、電気工事業の発展を期するため、技能競技大会を行う。
とし、九州各県にて開催された技能競技大会のトップを決定する大会となります。
沖縄県代表は、
・株式会社宜野湾電設 又吉宏紀 (浦添宜野湾電協所属)、
・株式会社松電 岸本陽太 (北部電協所属)、合計18名+オープン参加となる同校生徒2名によって開催されました。

沖縄県勢の結果として岸本さんが8位入賞となりました。
又吉さんは横浜アリーナでの全国技能競技大会への出場が既に決定しているため、次回大会への課題が確認出来る大会となりました。

職業能力開発校意見交換会

2019年12月2日 月曜日

平素は組合・青年部協議会事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
組合青年部にて不定期に開催している事業の1つに【学生・若年者との意見交換会】を開催させて頂いております。
電気工事業界は仕事の内容や役割が外部から見えにくい側面があり、工業高校や教育機関の教育現場においても同様であると聞いております。
また、熟練技術者の高齢化と減少は大きな支障となっており、新たな技術に対応できる人材育成が喫緊の課題であり、また社会の要請と捉えております。
意見交換会を通して、電気工事業に対する理解促進を図るとともに、下記目的のもとに開催を計画いたします。

①学生、生徒に対し、現場のイメージだけでなくキャリアのイメージを具体的に伝える。
②電気工事業界の若手技術者・経営者と電気科の学生等のつながりを作ることで、将来の就職先として、
 選ばれる業界づくり。
③新入社員の受入れや育成に活かすことができ、未来の電気工事業の発展に活かす。

を基本テーマとし、今回は具志川職業能力開発校にて実施させて頂きました。
参加した生徒からも業界の話が聞けて良かったという声が多くあり、今後も同様の取り組みを続けて参りたいと考えております。

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育 講習会

2019年12月2日 月曜日


平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
組合が行っている講習会のご紹介です。今回は『フルハーネス講習会』について開催報告を致します。
2018年6月の法改正により、2019年2月以降「一定の作業においてはフルハーネス型の墜落防止器具を労働者に使用させる・当該労働者に対し「特別教育」を受講させる」ことが義務付けられ、組合主催にて特別教育を開催致しました。
本講習会はお申込み開始からすぐに定員に達したため、以後スケジュールを調整のうえ、再度開催の際は改めてご案内を発信させて頂きたいと思います。

全日電工連創立60周年記念 第33回電気工事業全国の参加報告

2019年10月23日 水曜日


平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申し上げます。
去った10/17(水)に上部団体である全日電工連主催による【全日電工連創立60周年記念 第33回電気工事業全国大会】に参加致しました。
沖電工組各支部から今回の開催地である石川県金沢市へ総勢30名近くが参加し、電気工事業界の抱える課題やありたい姿をテーマとし、“組合員の資質向上や知見拡充、業界存在意義の高揚”などについて話し合われました。
今回の大会をとおして、組合の設立経緯を学び、今後の組合・業界の方向性、そして、技術革新とともに生まれる新たな可能性について考えるきっかけとなりました。
大会で得た“気づき”は各県(沖縄)へ持ち帰られ、今後の発展に役立てられると考えます。

沖縄県電気工事業工業組合主催・第10回安全衛生大会開催報告

2019年10月3日 木曜日

平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申しあげます。
去った10月10日に当組合主催『第10回安全衛生大会』を開催致しました。
県内各支部から約100名近くが集結し、日常業務の安全・衛生面について再確認を行う機会となりました。
特別講演として、医療法人沖縄徳洲会南部徳洲会病院 放射線治療科医師 橋本成司さまによる「よくわかる!最新のがん治療・トモセラピー放射線治療について」をご講演頂きました。
ご参加頂いた各団体さま、会員さまへも改めて感謝申し上げます。
今後も事故無く、安全作業に努めて頂けますよう祈念致します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
沖縄県電気工事業工業組合では、これまで電気工作物の保安確保と品質向上の推進に力を注いでおり、近年建設業の工事受注の競争激化に伴い、電気工事関連事故も多発傾向にあり、併せて職場における強い不安、ストレス等による健康被害が懸念されるところです。

当組合電気工事業者の従業員規模は、10人以下の小規模な組合員が多く、安全衛生教育に恵まれない状況にあります。このような状況を踏まえ沖縄県電気工事業工業組合では「電気保安の確保と安全管理の強化」を引き続き組合事業の重要テーマとして取り組む所存であります。「安全と健康は全てに優先する。」このことをモットーに、全国労働衛生週間にあたり電気工事業の事業主をはじめ従業員の安全衛生教育を兼ねて下記のとおり「安全衛生大会」を開催致します。

1.開催日時:令和1年10月10日(木)14時~16時予定

2.開催場所:沖縄産業支援センター1階大ホール

なお、本大会に合わせて組合員公募によって決定した大会スローガンは下記のとおりです。

安全の部

一、慣れた作業に危険が潜む 見つけて改善 0災害

株式会社サン電設 吉原 松一  作

衛生の部

一、健康が心にゆとりを みんなで作ろう快適職場

有限会社イラミナ電設 具志 幸拓  作

第51回全九州技能競技大会沖縄大会の結果

2019年10月3日 木曜日

平素は当組合事業へのご理解とご協力を賜りまして誠に感謝申しげます。

先日9月28日(土)に開催された第51回全九州技能競技沖縄大会についてご報告致します。

はじめに、この技能大会は、電気工事技術者の技能習得意欲を増進させ、技術水準の向上を図るとともに、電気工事技術者としての社会的地位の向上並びに電気工事業の進歩発展に貢献しようという趣旨のもと開催さて、第51回大会の優勝者は、

浦添宜野湾電協所属 株式会社宜野湾電設 又吉宏紀選手が優勝となりました。

第2位に北部電協所属 株式会社松電 岸本陽太選手・3位も同じく同社 松田貴啓選手が入賞となりました。

優勝の又吉選手と第2位の岸本選手は11月30日に宮崎県で開催される全九州大会への派遣となります。

大会開催にご協力頂きました関係団体さま・関係企業さま、今回も開催にご協力頂きまして誠に感謝申し上げます。